ひざの黒ずみコラム

サポーターやレモン・ヨーグルトで膝の黒ずみ対策できる?


サポーターでひざの黒ずみが解消できる?信じられないような気がしますが、サポーターに仕込まれたジェルが美白効果があって、ゆっくりと黒ずみを消してゆくというものです。


まずはサポーターの構造ですが、サポーターの裏面つまりひざに接触する部分に美白成分が入っているのです。美白成分とは、アルブチンとビタミンC誘導体で構成されています。アルブチンは黒ずみの原因のメラニン生成を抑制する効果があり、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促進して潤いを与える効果があります。


見た目は普通のサポーターと何ら変わるところはないのですが、こういった仕組みになっています。サポートをつけるだけという手軽さはうれしいのですが、効果自体はあまり期待できないというのが実情です。


即効性がなく、肌に触れる面積も小さいというデメリットもあります。また、ひざ上のスカートの際には使えませんし、サポートをつけ続けるため、ひざの裏側が痒くなったり、かぶれる恐れもあります。サポートをつけたまま座ったりすると、ひざ裏にサポートがくい込んでひざ裏が黒ずんでしまうかもしれません。


ということなどから、サポートでのひざの黒ずみ解消はあまりお勧めできません。


レモン


ひざの黒ずみを身近なものでケアできます。「レモンパック」方法は、ゆるやかで、おだやかなピーリング作用があります。


レモンをスライスしたものをひざに押し付けるように乗せて、そのまま5?10分置いてから蒸しタオルで拭きとります。


ただしレモンは紫外線を浴びるとシミになりやすいというデメリットがありますから、必ず夜の入浴後に行うようにしてください。


ヨーグルト


次に「ヨーグルトパック」ですが、ヨーグルトにはピーリング効果、肌の新陳代謝を促進する効果があるとされています。


ヨーグルトと小麦粉を同量で配合したものを、入浴後の肌が柔らかくなったひざにつけて、くるくると力を入れずにマッサージします。


この方法で顔のパックをしてもくすみが取れると言われます。さらにヨーグルトパックにハチミツを加えると保湿にもなるのでおススメです。




>>ひざの黒ずみを取る方法