ひざの黒ずみコラム

皮膚科・クリニック・エステサロンでひざの黒ずみ解消


ひざの黒ずみを皮膚科で治療できるのでしょうか。また治療するとして、どんな治療法があるのでしょうか。


現実として、ひざの黒ずみやメラニン沈着は皮膚科でももちろん治療することができます。皮膚科で一番多いひざの黒ずみ治療は「ハイドロキノンクリーム」を用いた治療方法です。ハイドロキノンは塗り薬で、美白作用が非常に強い成分です。薬として処方されますから、寝る前などに塗るだけです。


また、「トレチノインクリーム」を処方されることもあります。トレチノインは肌のターンオーバーを促し、ひざに溜まったメラニン色素の排出を促進します。皮膚科では、先のハイドロキノンとトレチノインとの併用を薦めることも多いと言われます。


一方美容クリニックでは、レーザー治療などの最新機器を使って黒ずみの治療を行っています。脱毛のように黒色に反応するレーザーの特徴を生かす方法で、メラニン沈着除去を行う方法です。ただし料金などは割高になりますし、実際にこの方法での黒ずみ治療例は多くないということで、一般的にはなっていないのだそうです。


エステサロンでひざの黒ずみ解消


ひざの黒ずみがひどい場合は、専門家の手にゆだねた方が良いかもしれません。角質が硬くて自分でスクラブなどを使って強くこすり過ぎると、黒ずみがもっとひどくなる可能性があります。また、お肌を傷つけてしまう可能性もあります。


お金はかかりますが、それなりの効果が出ることは確実ですから、自己処理して結局、エステサロンに駆け込むことになったり、病院での治療が必要になったりでは意味がありません。


エステサロンでのひどい黒ずみの治し方としては、ピーリングという方法があります。自分でもピーリングはできますが、サロンで使用するピーリング剤は市販されているものより効果があります。ただし、薬剤の配合や塗布時間などに注意が必要なので、自分で使うのは危険です。サロンでは肌質に合わせたピーリングケアを行います。


また、美白パックや保湿パックを使って黒ずみケアをする方法や、シートや石膏、クリームを使用する方法もあります。サロンによって方法はさまざまですが、自己処理するよりお肌の状態がよくなることは間違いないようです。




>>ひざの黒ずみを取る方法